理想的な賃貸事務所を借りよう【頭フル回転ビジネス】

費用を見てみる

様々なシーンで活用されることが多い賃貸オフィスは、再出発先としても非常に優れた場所になるでしょう。賃料もありますので予算とよく相談をしていけばコストダウンが可能です。

Read more »

考えることも重要

新ビジネスを開始する場合、まず始めに仕事が出来る場を探すことが大事になってきます。ただ、顧客も来る可能性がありますのでそのような状況に対応出来る賃貸オフィスを探していきましょう。

Read more »

費用もかからない

臨機応変に対応することが出来る賃貸オフィスは、今後も更に利用者を増やしていくでしょう。初期費用を押さえた取り組みが出来るのも魅力です。早速物件を探していきましょう。

Read more »

注目の記事

オススメリンク

対象でもある

不動産投資には様々な対象物件があります。その中でもワンルームマンションやファミリータイプマンションなど、住居系の区分所有物件はとても人気が高く、また手掛けやすい投資対象となっています。一方、賃貸オフィスも投資対象になり得ます。しかしながら、賃貸オフィスの場合、賃貸マンション等に比べて、扱っている不動産会社が少ないことから、目にする機会が少ないというのが現状です。ただ、賃貸オフィス物件で不動産投資をすることができれば、不動産投資の幅は広がります。なぜならば、賃貸マンションと賃貸オフィスとでは、その性質が異なるからです。賃貸マンションは景気の良し悪しに関わらず賃料が一定ですが、賃貸オフィスは景気が良いときには賃料が速いペースで上昇していきます。

そのため、好景気の影響を受けやすい投資対象ということができます。一方で、景気が悪いときはフリーレントを行うなど運用効率が悪くなってしまいますが、その分、価格も下がります。賃貸オフィスに投資をするときには、景気の悪いときに購入をして、景気がピークになる前あたりに手放すということがセオリーになります。このセオリーを守り、景気変動の周期に合わせて売買を繰り返していれば、効率的にキャピタルゲインを得られます。一方で、マンションを保有し続け、安定的な収入を得ていれば、不動産投資だけでキャピタルゲインもインカムゲインも手にすることができるようになるのです。基本を淡々と行えば、不動産投資で稼ぐことは難しくありません。